イマドキの宣伝は青い鳥から!ツイッターで広がる宣伝効果とは

>

ツイッターの機能をフル活用で、知名度上昇

ハッシュタグで繋げていく

ハッシュタグとはハッシュマークと呼ばれる「#」がついているキーワードのことです。
「#花見」「#スイーツ」などのように使います。
これは投稿をタグ付けする機能になっていて、検索枠にハッシュマークとキーワードを打ち込むことで、同じタグがついた投稿を検索することができます。

新しい商品や宣伝したいイベントなどにこのハッシュタグをつけることで、閲覧社が宣伝に参加しやすくなり、また自社の反応を集めやすくなる、というメリットもあります。
例えば、CMに「#製品A」とハッシュタグをつけることで、この製品を購入したユーザーが同じハッシュタグをつけた投稿をしてくれることで、反応が閲覧でき、またその反応をみたユーザーに情報が届くようになります。
このように、ハッシュタグにより情報の連鎖を作ることができるのです。

リツイート・リプライ・お気に入りを活用!

リツイートは、自分がみんなに知らせたい、と思った投稿を自分をフォローしているユーザーに一斉に閲覧できるようにするという機能です。
魅力的な広告、投稿を行い、リツイートを重ねてもらうことで、フォローしていない、されていないユーザーにも情報を届けることができます。
ただし、途中で情報を止めようとしても、一度リツイートされた情報の波及は止められないため、注意も必要です。

リプライは返信機能です。
直接ユーザーとコミュニケーションがとれるため、相談窓口として活用できます。
ただし、クレームも届きやすく、文章でのやりとりのため誤解も生じやすい、という点には注意が必要です。

お気に入りは「ファボ」とも呼ばれるもので、自分のお気に入りに投稿を加えることができる機能です。
「いいね!」という肯定的な意思や同意の意思を伝えるコミュニケーションの手段にもなっています。
ユーザーの反応を見ることができる機能の一つです。


TOPへ戻る