イマドキの宣伝は青い鳥から!ツイッターで広がる宣伝効果とは

>

フォロワーを集めてターゲットをロックオン

フォロワーを集めてターゲットを見つけよう

ツイッターの場合、ユーザーは自分の欲しい情報を求めて、自分の欲しい情報を与えてくれるアカウントをフォローします。
つまり、ツイッターではユーザーの興味・関心が、検索や投稿からわかるようになっているのです。

この性質はツイッターの宣伝に利用することができます。
例えば化粧品メーカーの企業アカウントだった場合、ターゲットとしている顧客が好みそうな芸能人やメイク術を行っているユーチューバー、あるいはターゲット層の趣味などから、自分の潜在顧客がどのアカウントをフォローしているのかを割り出すことができます。
このように、自社のターゲットと近いユーザーを獲得しているアカウントを見つけることで、顧客を広げることに繋げやすくなるのです。
また、一度フォロワーを集めることができれば、ターゲットを絞って広告を配信することができます。

ツイッターのフォロワーとは?

ツイッターの広告や投稿を見てくれるのは、あくまでもツイッターを使っている人だけです。
ユーザーの特徴を把握しないと、うまくフォロワーを集めるのは難しくなるでしょう。

まず第一に把握したいのが年齢層とターゲットの幅です。
スマートフォンを持っていれば、誰でもできるツイッターですから、ターゲットの幅は広いでしょう。
しかし、ユーザーには学生が多く、男女どちらも若い世代が多いのが特徴だそうです。

次に、ツイッターの文化には、特有の言葉遣いや、馴染みやすい表現が別に存在するということも把握しておきたい点です。
ほかの広告やブログ、テレビなどの媒体と同じ表現が効果的とは限りません。
特にツイッターでの堅い表現は、日常的な「つぶやき」が投稿されるツイッターにおいてはかなり異質な存在になってしまうことがあるようです。
ユーザーに馴染みやすい表現を心がけましょう。


TOPへ戻る