イマドキの宣伝は青い鳥から!ツイッターで広がる宣伝効果とは

>

ツイッターで宣伝する効果とは?

特徴をつかんで、ツイッターを知ろう!

ツイッターの特徴は、リアルタイムの情報の発信・受信ができる点にあります。
これにより、リアルタイムの情報に応じて広告を見せることができ、宣伝効果につながります。

ツイッターでの企業アカウントでの宣伝方法には以下のようなものがあります。
まず第一に、フォロワーを増やすことです。
自分のアカウントを見てくれる人を増やすことで、認知の拡大につながります。

次に、ウェブサイトにアクセスさせたり、アプリをダウンロードさせることです。
これにより、直接的に目的を達成することができます。
URLを貼り付けることで、ユーザーを自社のページに招待することができます。

また、動画を再生させるなど、別の広告媒体にユーザーを誘導することも宣伝の方法の一つです。
ツイッターの宣伝に効果を重ねることができ、宣伝効果を補強することができるでしょう。

ツイッターの広告表示とその種類

ツイッターの広告表示には、次の三つの種類があります。

一つがプロモアカウントと呼ばれる機能で、自社の企業アカウントに興味がありそうなユーザーに、自社のアカウントをおすすめする機能です。
これにより、フォロワーの数を急激に増やすことができ、知名度を上げることにつなげられます。
タイムラインやおすすめユーザー、検索結果など様々なところに表示されますが、「プロモーション」というラベル表示によりユーザーは広告であることを認識できます。

もう一つがプロモツイートと呼ばれるもので、通常のツイート、つまり投稿と同じ形式の広告となっています。
こちらはタイムラインに表示されます。
お金を払って、幅広いユーザーに広告を届けることができます。
この広告にも「プロモーション」というラベルがつけられます。

最後にプロモトレンドです。
一日1社限定でツイッターのトレンド枠に任意のキーワード、ハッシュタグを表示できるというものです。


TOPへ戻る